運動不足の人は臭い汗をかく

運動不足の人は臭い汗をかく

一般的に運動を沢山しているとよく汗をかくというイメージがあります。

 

そして汗を沢山かくから、汗臭いのではないかと考えられることが多いのではないでしょうか。
高校や大学の体育会系の部活の人達などには、汗臭いというイメージを持ってしまいます。
しかし、運動を沢山している人の汗は果たして臭いのでしょうか。
実はそんなことはありません。

 

臭い汗をかくのはむしろ普段運動をあまりしない、運動不足の人なのです。

 

 

いつも運動をしていて汗をよくかく人の汗はサラサラした綺麗な汗です。
しかし、運動不足で汗をかくのはたまにというような人の汗は、刺激臭の強い汗であることが多いのです。

 

これは何故なのでしょうか。

 

運動不足でたまにしか汗をかかないという人の汗は、たまにしか出てこないとうこともあり、その成分の中に多くの栄養素が含まれてしまいます。
このような汗はネバネバとしていて蒸発がしにくくなります。
そして、このような汗は雑菌の絶好の繁殖の場となってしまいます。
多くの雑菌が繁殖した汗、臭くないわけがありませんね。

 

また、普段運動不足の人がたまに運動をしてかく汗はアンモニア臭がするとも言われています。
これは何故なのでしょうか。

 

運動不足の人は普段からあまり筋肉を使っていません。
日頃筋肉を使っていない人が突然筋肉を使うような運動をすると、筋肉の中に疲労物質である乳酸が大量に作られます。
この乳酸が臭いの原因となるのです。

 

疲労物質である乳酸は、アンモニアと非常に相性が良い物質のなのです。
乳酸が大量に作られることによって、アンモニアも一緒に汗として体外へ排出されてしまいます。
これがアンモニアのような臭いの原因です。

 

臭い汗をかかないためには運動が必要です。
ランニングなどの有酸素運動を定期的に行うようにしましょう。

 

日頃から汗をかくことにより、身体の中に老廃物を貯めこまないようにし、疲労物質である乳酸がすぐに作られることのないようにすることで、サラサラとした綺麗な汗がかけるようになるのではないでしょうか。
"