わきが対策としてもかなり優秀なりんごの酵素

わきが対策としてもかなり優秀なりんごの酵素

自分から発せられる臭いが気になって仕方がないことはありませんか。

 

または、周りの人に臭いがきつい人はいないでしょうか。かなり体臭には個人差があります。人によっては、かなりの悪臭を放つこともあるのです。臭いは、周りの人も巻き込むことですし、何とか対策をしたほうが良いでしょう。簡単にできる対策があります。最近は、果物を食べていますか。あまり果物を食べていない人も多くなりました。しかし、嫌な臭いを何とかしたいと思っているのならば、良い食べ物があるので、ぜひ食べてみてください。

 

とても身近でデザートなどで食べることも多いりんごがお勧めです。

 

わきが対策としてもかなり優秀と言われているほどです。りんごには、ポリフェノールオキシターゼという酵素が含まれています。これが汗の成分を分解してくれます。特にわきの下から出る汗にはたんぱく質が含まれており、この汗を分解してくれることでわきの下の悪臭を抑えてくれます。わきの下だけではなく、体の一部にはアポクリン腺という汗腺が通っており、アポクリン腺から出る汗はたんぱく質が含まれているのでどうしても雑菌が繁殖しやすくなり、悪臭につながってしまうのです。これをポリフェノールオキシターゼによって抑えましょう。

 

他にも注目したいのがペクチンです。これは食物繊維ですので、お通じをよくする効果があります。便秘になるとどうしても腸内にある便から有害物質や悪臭が出てしまいます。そのまま便が体内にとどまっていると全身に悪臭が放たれてしまうのです。おなかの中を綺麗にする効果もりんごにはあるので、体臭が気になる人は毎日のように食べたほうが良いかもしれません。

 

すぐにでもこの悪臭を何とかできないかと思ったら、食べるのではなくちょっとした方法によってそのきつい体臭を解消することができます。りんごをすりおろして搾り汁をガーゼやコットンにしみこませてください。これをわきの下など汗による体臭が気になる場所にばんそうこうなどで貼り付けます。30分から1時間程度は貼り続けてください。そうすると、アポクリン腺に直接酵素の力が働くので、臭いの元から撃退することができます。終わったら、わきの下などの気になるところをしっかりとふき取りましょう。手につかないように気を付けてください。

 

食べるだけでも十分効果が期待できますが、搾り汁を直接気になるところにつけることで、より体臭が気にならなくなるでしょう。自分だけではなく、周りの人まで巻き込んでいるような悪臭であれば、ぜひ搾り汁を使って試してみてください。簡単にできる方法です。時間のある時にやってみませんか。

 

りんごを食べるときは、皮まで食べることがポイントです。皮には整腸作用があるからです。あまり得意ではないのなら、すりおろしたりするのも良いでしょう。皮まで食べやすくなるはずです。毎日食べ続けると飽きてしまうと不安な人は、同様の効果が期待できるキウイやパイナップルと交互に食べると良いでしょう。